トップ/趣旨

医薬品と違って医療機器はその多様性に特徴があり、しかも近年は先進医療機器が増えており、そのリスクとベネフィットは使い方次第で大きく変わります。これら様々な医療機器の承認審査と安全管理には、客観的な物差しとしてのサイエンスが必要です。

「医療機器レギュラトリーサイエンス研究会」では、開発経験・審査経験を有する研究者を交えて、医療機器審査に関する具体例を挙げながら、レギュラトリーサイエンスの具体的姿を追求してゆきます。

この研究会は、中小企業やベンチャの方々に薬事入門講座としてもご活用頂けるよう、できるだけ具体的な話題を提供します。2013年11月に全面改正された「医薬品医療機器等法」(旧・薬事法)の施行動向など、最新の審査情報にも触れられるよう、PMDA等からも講師をお招きしています。

なお、この研究会は、産総研コンソーシアムの一つとして、国立研究開発法人 産業技術総合研究所が運営しています。

【事務局・お問い合わせ】

305-8564 茨城県つくば市並木1-2-1
国立研究開発法人産業技術総合研究所 健康工学研究部門
E-mail: rs-seminar@aist.go.jp
会 長 山根隆志(神戸大学教授)
副会長 廣瀬志弘(主任研究員)